アルピナウォーターが故障したら?

「故障?」と思った時の対処法

アルピナウォーターに限った話ではありませんが、ウォーターサーバーを使っているとたまに不具合を起こしたり故障したります。

 

これはどんなに気を付けていても確率としてなってしまうものですから仕方がないのですが、それよりも大切なのは「故障した時の対処法」です。

 

これを知っておかないと、万が一故障して使えなくなってしまった時に打つ手が分からず困ってしまいますからね。

 

そこで、各トラブル別の対処法をまとめてみました。

 
水が出ない場合

 

水が出なくなった主な原因は2つです。

 

  • ボトルが空になっている場合
  • 温水タンクにエアー(空気)が溜まっている場合

 

ボトルが空になっている場合は、単純に取り換えればいいだけなのでそんなに大きな問題はありませんが、大事なのは空になったらなるべく早く取り換えるようにすること。

 

そうしないと、サーバーが空焚き状態になってしまい、もっと大きなトラブルを引き起こしかねないからです。

 

ですので、ボトルの水がなくなったら、なるべく早く新しいボトルに替えましょう。

 

あと、温水タンクにたまったエアーは、温水を出す要領で作動させれば、エアーが抜けますので、温水が出なかった時はぜひやってみてください。

 

 

水が漏れている場合

 

水が漏れている原因は色々なことが考えられますが、一番多いのはやはりボトルの差し込みが甘いことです。

 

これが甘いと隙間から水が漏れてしまうので、しっかり差し込むようにしましょう。

 

それ以外にもボトルが割れていたり、温水ドレンコックが緩んでいたりすることで漏れる場合もありますし、設置した場所が暑すぎて、内部タンクに水滴が出ることもありますのでタンクやサーバーを設置している場所の気温などもチェックするといいと思います。

 

それ以外の原因については、自分での対処が難しいのでメーカーに問い合わせるのがベスト。

 

この時、ボトルを外して水を抜き取っておくと、余計な水漏れを防ぐことができるので、原因不明の水漏れをしたら、必ずボトルは外しておくといいでしょう。

 

 

冷水が冷たくない場合

 

冷水が冷たくならない主な原因はサーバーが正常に作動していない可能性が極めて高いです。

 

例えば

 

  • 電源プラグがきちんと刺さっていない
  • 背面がホコリまみれ
  • ブレーカーが落ちている

 

などなど、電気が上手く供給されていないと冷水になりませんので、まずはそこからチェックしてみてください。

 

それ以外ですと、冷水を大量に出したことによって冷却が間に合わないことも原因として考えられます。

 

また、冷水ではなく温水が出ない場合も主な原因は冷水と同じなので、上記の方法で対処してみてください。

 

上記以外の故障の時は?

それ以外にもさまざまな故障やトラブルが予期せぬタイミングで起こることがあります。

 

そんな時はぜひ下記電話番号に問い合わせてください。

 

0120−15−7777(受付時間は9:00〜17:00)

 

ウォーターサーバーは機械ですからどうしても故障する可能性を含んでいます。

 

だからこそ故障した時の対処法をあらかじめ知っておくことが大切なのであり、これをしっておくことで快適に使うことができるので、使う際にはぜひ知っておきましょう。

 

 

 

≫アルピナウォーターの性能をチェックする

ホーム RSS購読 サイトマップ