アルピナウォーターの放射能の危険性

放射能の問題はクリアなのか?

ウォーターサーバーを選ぶうえで大きなポイントとなるのが「放射能」です。

 

「メーカーが提供している水に放射能は入っていないのか?」という不安を抱えている人も多く、より安全な水を選ぶことが大切です。

 

ではアルピナウォーターはどうなのでしょうか?

放射能の問題の発端は東日本大震災

そもそもなぜ最近は、放射能について敏感になったのでしょうか?

 

その原因は2011年に起きた東日本大震災の福島原子力発電所事故」にあります。

 

この事故によって食品中に含まれる「放射性物質」が不安視され、その延長として水に含まれる放射線量を気にする人が増えてきたわけです。

 

こうした背景から、農作物や加工品などの食品が放射性物質検査を受けるようになったのですが、これによって水もこの検査を受けることになりました。

 

こうした考えは今も残っています。

 

大手ウォーターサーバーが公式サイトなどで自身が提供している水の放射性物質検査の結果を掲載しているのも、こうした背景があるからです。

アルピナウォーターの水は放射能を含んでいないのか?

ではアルピナウォーターの水は放射能を含んでいないのか?

 

結論から言いますと、アルピナウォーターが提供している水は放射能を含んでいません。

 

その理由は、アルピナウォーターはくみ上げてきた天然水を徹底的にろ過して不純物などを排除した「ピュアウォーター」だからです。(ピュアウォーターの特徴についてはアクアクララと比較してみたでもお話ししています)

 

そのため、放射性物質はもちろん、花粉やヒ素などの体に害を及ぼす危険性がある物質も全て事前に取り除いていますので、安全面については心配する必要はないと思います。

 

ただ、天然水をろ過することによってミネラルも取り除かれてしまうため、他の天然水よりもミネラルの量は少なくなっていますので、ミネラルを多く摂取したい人には不向きかもしれません。

 

逆にミネラルが多すぎると水が硬すぎるため「美味しい水を飲みたい」という人にはお勧めなのではないでしょうか。

 

下に口コミなどをまとめたページのリンクを張っておきますので興味があればぜひ一度チェックしてみてください。

 

 

 

≫アルピナウォーターの性能をチェックする

ホーム RSS購読 サイトマップ