アルピナウォーターの水について

アルピナウォーターで使用されている水の秘密

購入者から「おいしい」と評判のアルピナウォーターですが、この水はどのように作られているのでしょうか?

 

アルピナウォーターは天然水をろ過して作られた「ピュアウォーター」で実際に各家庭に配送されるまでに様々な工程を行っています。

 

 

こうした工程は、アルピナウォーターに限らず各ウォーターサーバーメーカーで行われているのですが、ではアルピナウォーターと他のメーカーとで違いはいったいどこにあるのか?

 

その秘密は大きく分けると

 

  • 使用している水
  • ろ過システム

 

の2つにあります。

アルピナウォーターは天然水をろ過して作られた水

他のウォーターサーバーで使われている水は大きく分けて2種類あります。

 

  • 水道水を徹底的にろ過した「RO水」
  • 自然の水をくんで使用している「天然水」

 

ところがアルピナウォーターで使われている水はどちらでもなく、天然水をろ過した『ピュアウォーター』を採用しており、より衛生面に気を配った水を提供しています。

 

ピュアウォーターとミネラルウォーターってどう違う?

 

ミネラルウォーターは成分の多くをマグネシウム、カルシウム、ナトリウムなどのミネラル成分が占めています。

 

特にマグネシウムとカルシウムが多く含まれていると水そのものが硬くなるため、「硬水」と呼ばれる水の多くはミネラルウォーターだったりします。

 

海外のミネラルウォーター(エビアンなど)が硬いのも、マグネシウムやカルシウムが多く含まれていることが原因の1つ。

 

それに対してピュアウォーターとは、水源から採水されたものを何度もろ過した水のことを指します。

 

ろ過することによってミネラルウォーターに含まれているミネラル成分や不純物が除去され、水自体も軟らかくなります。

 

つまりザックリ分けるのであれば

 

  • ミネラルウォーターは硬水
  • ピュアウォーターは軟水

 

と言えるでしょう。

NASAで開発されたROシステムで超軟水に

アルピナウォーターは北アルプスからくみ上げてきた水をろ過した、いわゆる『ピュアウォーター』を提供していますが、このろ過システムが特徴的です。

 

アルピナウォーターは、活性炭フィルターと3ミクロンのフィルターを通して不純物を除去し、さらにNASAで開発されたROシステムによって分子レベルまで磨き上げていきます。

 

これによって純度が高く細かい粒子によってできたお水が完成するのです。

 

この水の硬度は1.05と、数ある軟水の中でも極めて精度が高い超軟水に仕上がっています。

 

 

このようなROシステムによって、私達日本人が体内で吸収しやすく、水分補給や料理に最適な水を提供することができるのです。

 

≫アルピナウォーターの性能をチェックする

ホーム RSS購読 サイトマップ