アルピナウォーターサーバー

アルピナウォーターサーバーのメンテナンスの仕方

 

 

アルピナウォーターは天然水をROシステムでろ過した非常に衛生面に優れた水を使っています。

 

しかし、いかに水が衛生的でもサーバーのメンテナンスを怠るとサーバーに汚れや雑菌がつき、そこから水に入ってしまうため、安心や安全が保たれなくなってしまいます。

 

どんなものでも、使い続ければ汚れがつくものですが、これはウォーターサーバーも一緒。

 

だからこそ、アルピナウォーターサーバーの正しいメンテナンス方法を知り、定期的に行って衛生面でも安心して使っていただければと思います。


アルピナウォーターサーバーのメンテナンス方法

ウォーターサーバーのメンテナンスといっても、工具が必要だったり機械の知識が必要というわけではありません。

 

ボトルを取りつける際にボトル差込口を拭く・・・これだけです。

 

確かにアルピナウォーターはボトルもガロン式ですから水が外部の空気に触れることがないため、安心して衛生的な水を飲むことができます。

 

しかし、ウォーターサーバーのボトル差込口は、ほこりや汚れが付きやすく、水も溜まりやすいため、定期的に拭いてあげないと雑菌が発生する可能性があります。

 

それを防ぐためにも、右の写真のようにボトルを交換する前に差込口を拭くようにしましょう。

 

この時、タオルよりも、キッチンペーパーのような水に溶けにくく、なおかつ毛が取れないもので拭くのがベスト。

 

また、差込口を拭く際には、洗剤や水道水を使わず、そのまま乾拭きで問題ありません。

 

逆に洗剤や水道水を使うと、それが原因で異臭が出てしまうからです。

 

基本的にアルピナウォーターサーバーのメンテナンスは各自でやっていただく必要があり、これを怠ると汚れたり雑菌が水の中に入ってしまいます。

 

メンテナンス自体は決して難しいものではないので、定期的に行い、安全に使うよう心掛けましょう。

 

≫アルピナウォーターの性能をチェックする

ホーム RSS購読 サイトマップ